宝塚好き必見!宝塚学検定を受けてみよう!検定詳細まとめ

宝塚市文化財団が主催している「宝塚学検定」という検定があります。どんな検定なの?誰でも受けれるの?合格したらどんなメリットがあるの?と疑問に思われている方も多いと思いますので、詳細をまとめますね。

スポンサーリンク

宝塚学検定とは!?

宝塚学検定のホームページに書いてあるこの1文が、宝塚学検定について明確に説明してくれています。

宝塚学検定を通じて、さまざまな魅力をもつ宝塚についての知識を検定ロゴ広め、宝塚への愛着を深めてもらうことを目的としています。

宝塚市が大好きな方、宝塚市のことをもっと知りたい方、観光業に就かれている方など、宝塚市に興味・関心がある方にオススメの検定です。

検定の仕組み

初級、中級、上級、博士クラスまでがあり、1段階ずつ上がっていくステップアップ方式です。(飛び級は不可能。)

検定合格のメリット

博士クラスを合格された方は「宝塚学博士の会」に参加することができ、街歩きなどにて博士の知識を発揮できる活動ができます。

2013年度までに25名の博士がおり、「街歩きグループ」「研究発表グループ」「PRグループ」の3グループに分かれて、自主的に月約1~2回のペースで会合を開いています。

試験対策講座

2015年10月31日に試験対策講座が開催されます。詳細は以下より。

申し込み方法

公益財団法人 宝塚市文化財団のホームページにてご確認ください。

まとめ

宝塚市民の方でも、こんな検定があることをご存じない方も多いのではないでしょうか?宝塚に住んでいるのでしたら、一度受けてみてもいいですよね!私もせっかく宝塚の観光情報サイトを立ち上げたことですし、博士クラスを目指そうかな、なんて思いました(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です